お寺からのお知らせ 住職つれづれ

【今月のことば 2022年6月】

投稿日:

【今月の言葉 2022年6月】

【今月のことば 2022年6月】     東淀川区豊里 真宗大谷派 教應寺     kyououji.com

先月は無事、永代経法要をお勤めすることができ、ホッとしています。

おそうじやおみがき、当日の幕張りなどの準備や受付、最後の後片付けまで様々な方にお力をいただきました。誠にありがとうございました。

 

二日間、気持ちのいい風が吹き抜ける中、聞法の時間をいただきました。

 

「目の前の出来事に腹を立て文句を言って、すべてのことを善いか悪いか、好きか嫌いかとさばいていく。」

「そういう自分中心の眼の世界で、そこから一歩も出ることなく毎日を過ごしている、それが煩悩というものであり、私たちの日常でないか。」

 

耳ざわりの善い言葉で気持ちよくなるようなお話はまったくなく、どこまでも私の偽らざるお粗末な生き方を言い当ててくださるご法話でした。

 

そんなことから今月は、私の思いと釈尊のご生涯を教えてくれるお言葉にしました。

 

死ななくなることで幸せになるのではない。死があるからこそ生きることの尊さが知らされ、今のいのちが輝きを持つ。それは釈尊だけでなく、私たちにも与えられているのである。

とあり、最後には、

釈尊が私たちに最後に説いた「自灯明・法灯明」の教えは、私自身が自分を本当に大事にし、同時に「法」にたずねていく人生を送るべきことを教えているのである。

とあります。

 

「生きることの尊さ」や「今のいのちの輝き」を見失い、毎日を淡々と過ごしているのが私の実際でないか。

「法にたずねていく」ということがなければ、自分では絶対に確かめられない。

「自分を本当に大事に」生きる眼は自分の中にはない。

そんなことを感じながら、6月も大切に歩んでいきたいです。

【今月のことば 2022年6月】     東淀川区豊里 真宗大谷派 教應寺     kyououji.com

【今月のことば 2022年6月】

 

-お寺からのお知らせ, 住職つれづれ
-,

執筆者:

関連記事

行事予定 2017年2月

2017年2月の行事予定

2月になりました。新しい年になってもう1か月たってしまいました。 特に「2月は逃げる」そうなので、1日1日を大切に歩みたいと思います。 今月も、男性会、女性会ともに通常通りです。 ご参加よろしくお願い …

今月のことば 2021年10月 ホワイトボード

今月のことば 2021年10月

【今月のことば 2021年10月】 コロナウイルスの影響で、大きく変わってしまった大学生活の現状を、教授であられる一楽先生が語ってくださっています。 しかし、この文章はなにも学生さんのことだけを言って …

2021 秋季彼岸会案内

秋季彼岸会のご案内

秋季彼岸会のご案内 皆さまお変わりございませんでしょうか。 コロナ禍であろうがなかろうが、時間は同じスピードで過ぎていきます。 お彼岸をご縁に、大切な時をいただいていることに手を合わせたいと思います。 …

2018年 永代経法要 掲示板案内

2018年 永代経法要

今年も、永代経をお迎えいたします。   竹中慈祥先生にご法話をいただきます。 今回はどんな言葉に出会えるか。楽しみです♪   どなたでもお参りいただけます。   4月29 …

2021年3月 おあさじの会 案内

3月のおあさじの会

新型コロナウイルスのせいにばかりしていても何にもなりませんが、 かけがえのない時間は、止まることなく刻み続けています。   わかってはいましたが、今年も2月はあっという間に過ぎてしまいました …

サイト内検索

お寺の掲示板

2022年9 月のことば

【今月のことば 2022年9月】 

人間は絶対悪を見つけたときに
  一番残酷になるのです

         瓜生崇氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2022年9月
9月1日(木) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
9月23日(金) 午前11時  
秋季彼岸会 第一部  
9月23日(金) 午後1時  
秋季彼岸会 第二部  
10月1日(土) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
10月13日(木) 午後2時  
教應寺 報恩講  
10月13日(木) 午後7時  
教應寺 報恩講  
10月14日(金) 午後2時  
教應寺 報恩講