お寺からのお知らせ 住職つれづれ

6月のある日

投稿日:

【お好きな時間にお寺にお参りください】

とご案内させていただき、本堂を開放して

自由にお参りしていただく日を設けました。

 

本堂の扉や窓を全開にすると、

暑くもなく寒くもない気持ちのいい風が通り、

視線の先には堤防を仲良く散歩する人たち。

ウイルスに悩まされていることなど忘れてしまう光景でした。

2020年6月 本堂開放

 

今まで法要などの時は、どうしても身も心もウロウロしていましたが、

今回は来ていただいた方ともゆっくりとお話しでき、

初めて聞かせていただくエピソードなどもあったりと

有意義な時間になりました。

 

ある方はお帰りになる時に

「元気出しや~!お寺ガンバリや~」

と声をかけてくださいました。

 

当初、皆さまにゆったりした気持ちになっていただくつもりだったのに、

終わってみれば、誰よりもゆったりした時間を過ごし、

さらに元気までいただいてしまったのはこの私だったのでした。

-お寺からのお知らせ, 住職つれづれ
-,

執筆者:

関連記事

今月のことば 2020年9月 ホワイトボード

今月のことば 2020年9月

【教應寺 今月のことば 2020年9月】   今私たちに必要なのは、 自らの中にある様々な闇に気づいていくということ 酒井義一氏       病に対して怖れを感 …

今月のことば 2020年10月 ホワイトボード

今月のことば 2020年10月

【今月のことば 2020年10月】 私は死なない命になりたい 大峯顯(おおみねあきら)氏   いったいどこに、この命の存在の意味があるのか。何のための命か。私が今ここに生きているのはいったい …

2016年12月 今月のことば

今月のことば 2016年12月

人間、何のために生きているのでしょうか。  17才 女性   先日、あるお寺で座談会に参加しました。 この17歳の女性の質問についていろいろな年代の人たちと考えました。 「17才っていうのは …

今月のことば 2019 年9 月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年9月】

【今月のことば 2019年 9月】 生きる意味とか生きる価値とかは、 精神論ではなく、存在そのものにある ヴィクトール・E・フランクル氏   生きる意味・生きる価値は、 必要か必要でないかと …

今月のことば 2020年2月 ホワイトボード

今月のことば 2020年2月

【今月のことば 2020年2月】 【今月のことば 2020年2月】   善いところも悪いところも全部自分自身 全部仏様にいただいたもの 延塚知道氏     たまたま大谷大学で、親鸞 …

サイト内検索

お寺の掲示板

2021年1月のことば

【教應寺 今月のことば 2021年1月】

  往生というのは、
   この苦の世界から
    仏の世界に生まれ出ることです。

                暁烏敏氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2020年12月
12月31日(木)    
除夜の鐘(中止) 
1月1日(金) 午前10時~
修正会(新年のおつとめ) 
1月15日(金)     
法灯の会新年会(中止) 
2月1日(月) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会