お寺からのお知らせ

今月のことば 2019年2月

投稿日:

【今月のことば 2019年2月】

 

いかなる者も目覚めずにはおれんというのが人間だ。

それが、尊厳性なんだ

                和田稠氏

 

我々がこう集まってきて、どこでどういう生活をしているのかわからんけれども、

例えどんな生活をしても人間である限り、何とはなしに寂しい、退屈、不安、満足で

きない、不満足。何とはなしに疲れる。何とはなしにむなしい。これが人間でしょ。

人間である限りこれを避けることができない。その避けることができないこれこそが

私の本当の姿だ。これこそが私の本当の姿ではないか。そういうところに、これが一

つの自覚となる。(中略)

人間というのは、尊厳性を持っとる。このごろよく、人間の尊厳性ということを言い

ますけれども、なぜ尊厳なのか、という根拠がはっきりしないでしょ。人間のみが本当

に目覚めるということに、責任をもって、そして他を目覚めさせていくというはたらき

がある。だから尊いんだ。人間の尊厳性とはそういう所にある。もっと言うならばね、

いかなる者も目覚めずにはおれんというのが人間だとそれが、尊厳性なんだと。簡単に

言うとそういう事でしょうね。いかなる者も目覚めずにはおれん。その証拠に人間であ

るかぎり、さっき言った、孤独とか、不安とか、不満とか、退屈とか、こういうものを

抑えることができんでしょう。人間であるかぎり、必ず出てくる。それが、何よりの証

拠である。真実を求めずにはおれんという人間の構造がそうなっておる。そこに、人間

の尊厳性を、私たちはあらためて知らされるんですね。

同塵の集い 講義録より(2003年7月)

今月のことば 2019 年2月 原文

今月のことば 2019 年2月

-お寺からのお知らせ
-,

執筆者:

関連記事

今月のことば 2020年4月  ホワイトボード

今月のことば 2020年4月

【今月のことば 2020年4月】 新型コロナウイルスの影響で、ピリピリした緊張感の中の毎日です。 この雰囲気に、心までもっていかれたくない。 トゲトゲしてくる気持ちで、他人を批判しても何もならない。 …

今月のことば 2020年8月 原文

今月のことば 2020年8月

迷っているという事実こそが 僕ら人間が本当は帰るところなのです 瓜生崇氏   自殺を思い詰めるほど悩み苦しんで31歳で脱会した。システムエンジニアの仕事をしながら36歳で縁あった寺の住職とな …

本堂と山門を仰ぎ見るTOP画像

ウェブサイトのデザイン更新しました!

kyououji.com   長年にわたり、気になりつつもどうにもできなかったお寺のウェブサイト。 この度、信頼・尊敬する先輩にお願いしてリニューアルしていただきました。 自分で更新できる! …

今月のことば 2019 年12月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年12月】

【今月のことば 2019年12月】 今年も最後の月である。 きらきらとライトアップされたイルミネーションを背景に最高の笑顔を作る。 街行く人々はみんな幸せそうにニコニコ笑っている。 ように見える。 & …

今月のことば 2020年3月  ホワイトボード

今月のことば 2020年3月

【今月のことば 2020年3月】   縁(えん)に生き縁に死する 親鸞聖人     親鸞(しんらん)聖人(しょうにん)は「死ぬ」ということを、「娑婆(しゃば)の縁(えん) …

サイト内検索

お寺の掲示板

2021年7月のことば

【今月のことば 2021年7月】

  一切合切をひっくるめて

   私たちは生かされています

           木村宣彰氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2021年7月
7月1日(木) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
7月15日(木) 午後2時~(中止)  
法灯の会  
7月18日(日) 午後2時~(中止)  
自灯の会  
8月1日(日) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会