お寺からのお知らせ 住職つれづれ

今月のことば 2020年10月

投稿日:

【今月のことば 2020年10月】

私は死なない命になりたい

大峯顯(おおみねあきら)

 

いったいどこに、この命の存在の意味があるのか。何のための命か。私が今ここに生きているのはいったい何のためだ、という問いを誰もがかかえて生きているわけです。

 

この問いの解決が万人に課せられてあることに気づこうとしないで、人生とは出世するためだとか、お金を儲けるためだとか、勝手にそんなことを決めていますが、これは自分個人が勝手につくった人生の構図で、そんな計画通りに人生はいかないから、全く主観的な夢でしかないということがわかります。

 

そうじゃなくて、われわれのこの世の命は一つの課題を持っているのです。それは、大きな生命そのものの課題です。われわれ一人ひとりのこの個体のいのちの中にある大きな命が、この課題の解決を要求しているのです。

 

何を要求しているかというと、命が命になりたいと願っているのです。わたしは百年も生きられたらそれで結構だと勝手に個人は言っているけれど、個人じゃなくて個人を生かしている命そのものは、そんな百年くらいのいのちを生きたから満足だとは決して言っていないのです。

 

そうではなく、私は死なない命になりたい、命そのものになりたい、という願望がすべての個体の深い深い底にひそんでいるのです。それが願生(がんしょう)心(しん)、お浄土に生まれたいという願いに他なりません。これを満足しないことには、われわれは本当は死んでも死ねないのですね。

『よきひとの仰せ』 大峯顯氏

今月のことば 2020年10月 原文

今月のことば 2020年10月 

 

-お寺からのお知らせ, 住職つれづれ
-,

執筆者:

関連記事

今月のことば 2021年4月 ホワイトボード

【今月のことば 2021年4月】

【今月のことば 2021年4月】 新型コロナウイルスの影響が収まる気配がない。 今までのいわゆるコロナ疲れとこれからに向けての不安が入り混じった生活が一年以上続いている。   しかし、このコ …

【今月のことば 2023年4月】 東淀川区豊里 真宗大谷派 教応寺    kyououji.com

【今月のことば 2023年4月】

【今月のことば 2023年4月】 「あの人がいなかったら、今ごろ私はどうなっていたか」 かけがえのない人との出遇い、それは私たちが生きる上で最も求めるものなのだと思います。 親鸞聖人にとっては、法然上 …

紅葉と親鸞聖人

今月のことば 2021年12月

【今月のことば 2021年12月】 今年も残すところ、あとひと月となりました。時の流れの早さに驚くばかりです。 この一年を振り返り、自分がいかに「附帯条件に振り回されて」いたかということを痛感いたしま …

今月のことば 2019 年2 月 ホワイトボード

今月のことば 2019年2月

【今月のことば 2019年2月】   いかなる者も目覚めずにはおれんというのが人間だ。 それが、尊厳性なんだ                 和田稠氏   我々がこう集まってきて、 …

【今月のことば 2022年12月】 東淀川区豊里 真宗大谷派 教應寺    kyououji.com

【今月のことば 2022年12月】

【今月のことば 2022年12月】 今年もついに12月になってしまいました。 11月30日と一日しか違わないのに、12月と聞くと急に一年を振り返る気持ちが起こってまいります。不思議なものです。 &nb …

サイト内検索

お寺の掲示板

2024年3月のことば

【今月のことば 2024年3月】 

  自力の執心の
 
   かたまりであった

        和田稠氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2024年3月
3月1日(金) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
3月20日(水) 午前11時~  
春季彼岸会     
4月1日(月) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
4月21日(日) 午後2時~  
おみがきとおそうじ     
4月27日(土) 午後2時~  
永代経法要     
4月28日(日) 午後2時~  
永代経法要    
5月1日(水) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会