お寺からのお知らせ 住職つれづれ

今月のことば 2020年9月

投稿日:

【教應寺 今月のことば 2020年9月】

 

今私たちに必要なのは、

自らの中にある様々な闇に気づいていくということ

酒井義一氏

 

 

 

病に対して怖れを感じ、誰もが自分はうつされたくないと思ったはずです。それは自己防衛本能が作動したからで、ごく当然のことです。しかし、自分を守るという思いが、時に暴発していくのです。

 

そして偏見や差別が、人に向かって発露していきました。排除するべきは菌であるのに、必要以上に人間を排除しようとしたのです。感染者やその家族、医療従事者に向けられた冷たいまなざしの根底にあるのは「怖れ」や「自分を守る」という心ではないでしょうか。(中略)

 

浄土真宗は、人間の持つ闇を照らし続ける光の宗教です。親鸞は、光に照らされながら人間を見つめ続けられました。

 

「凡夫というは、無明煩悩われらがみにみちみちて、欲もおおく、いかり、はらだち、そねみ、ねたむこころおおく、ひまなくして臨終の一念にいたるまでとどまらず、きえず、たえず」(『一念多念文意』)

 

これらの言葉を、コロナの現実を通して読み直してみると、人間の持つ闇がより具体的かつ現代的に照らし出されてくることを感じています。

また蓮如は、われらの持つ病について、次のように言及されています。

 

「無始(むし)よりこのかたの、無明(むみょう)業障(ごっしょう)のおそろしき病」(『御文』)

 

無明や業障・偏見や差別という恐ろしい病にかかっていながら、そのことに無自覚であるわれらに、教えの言葉は目覚めをうながし続けているのです。

 

今私たちに必要なのは、自らの中にある様々な闇に気づいていくということ。そして、そこに人間がいることを見いだすまなこを獲得していくということではないでしょうか。

 

コロナの現実を、人間の闇を凝視する浄土真宗と出(で)遇(あ)う機縁としていくことが、私たちに与えられた大きな課題であると受け止めています。

 

酒井義一氏

『南御堂』「コロナという時代を親鸞と生きる(上)」

 

今月のことば 2020年9月 原文

今月のことば 2020年9月 

 

-お寺からのお知らせ, 住職つれづれ
-,

執筆者:

関連記事

教應寺 4月・5月の行事について

教應寺 4月・5月の行事について

教應寺 4月・5月の行事について   新型コロナウイルスの影響により、教應寺におきましては、以下の通り対応させていただきます。 なにとぞ、ご理解賜りますようお願い申し上げます。   …

今月のことば 2020年8月 原文

今月のことば 2020年8月

迷っているという事実こそが 僕ら人間が本当は帰るところなのです 瓜生崇氏   自殺を思い詰めるほど悩み苦しんで31歳で脱会した。システムエンジニアの仕事をしながら36歳で縁あった寺の住職とな …

2017年5月 おはよう!おあさじの会

2017年5月 おはよう!おあさじの会

5月が始まりました。お天気が良くて明るい朝です。 先月は、皆さまのご協力のおかげさまで永代経法要をお勤めさせていただきました。ありがとうございました。(アップしてない…) 本日のおあさじの会にも、皆さ …

今月のことば 2021年4月 ホワイトボード

【今月のことば 2021年4月】

【今月のことば 2021年4月】 新型コロナウイルスの影響が収まる気配がない。 今までのいわゆるコロナ疲れとこれからに向けての不安が入り混じった生活が一年以上続いている。   しかし、このコ …

今月のことば 2018年2 月 掲示板

2018年2月 今月のことば

あわただしく日々は過ぎ去っていく。 二度とはないこの時を大切にと、自分なりに精一杯力を尽くし、 そのことによって充実感も得ている日々である。そのつもりである。   しかし、今まで気にならなか …

サイト内検索

お寺の掲示板

2021年10月のことば

【今月のことば 2021年10月】

   行き先が悪道であっても、

   あるいは地獄であっても、
 
   そこに必ず道は開けます

              一楽真氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2021年10月
10月3日(日) 午前9時30分~  
おみがきとおそうじ  
10月13日(水) 午前9時30分~  
幕張りと法要準備  
10月13日(水) 午後2時~  
報恩講  
10月13日(水) 午後7時~  
報恩講  
10月14日(木) 午後2時~  
報恩講  
11月1日(月) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会