お寺からのお知らせ

今月のことば 2020年7月

投稿日:

【真宗大谷派 教應寺 今月のことば 2020年7月】

 

仏教によって、自分自身と

周りにあるすべての存在を公平に確かめながら生きていくことを

生涯をかけてあきらかにした人が親鸞という人です。

大谷大学教授 三木 彰円 師

 

実際この数か月、私たちはこれまでになかった状況を目の前にしています。

これまで私たちにとって当たり前であったこと常識であったこと、

それが当たり前ではなくなったり常識として通用しなくなっているということが、

私たちに今、目の前に突き付けられています。

 

そんな中で、私たちが不安を持ったり、その不安が原因となって自分を大切に思うことが出来なくなる、

このようなこともありますし、また不安を持つゆえに周りにいる他の存在を敵視したり攻撃してしまう、

そのようなことで自分自身に寄り添うこと、また他の人々に寄り添っていこうとする

その心を見失ってしまうということもおこってきます。

 

そこで、もう一度私たちが改めて確かめなければならないことがあるのではないでしょうか。

私の思いや自分の思い込みをよりどころにしていくことは、

実は非常に不確かな事、あるいは危ういことであり、

非常にあいまいなものを持っているということです。(中略)

 

私たちに必要なこと、決して見失ってはならないこと、

それは自分に対する思いやり、そしてすべての人に対する思いやりです。

また自分に寄り添い、すべての人に寄り添う心を持って生きていくその意志を持つこと、

そして、そのよりどころを確かめながら生きていくこと、このことがとても大事なことではないでしょうか。

そのことがつまり「人」として生きるということにある大事な意味である、このように親鸞は私たちに教えています。

 

親鸞という人が生きた時代は、

災害や戦乱、飢饉や疫病、政治の混乱など社会全体が大きな不安の中にありました。

その中で「人」として生きることを絶えず求め続けていったのが親鸞という人です。

親鸞は、自分がどんな状況に身を置いても「自分だけが」という思いをよりどころにするのではなく、

「すべての人が、「人」として生きるよりどころ」それが一体何であるのか、ということを求め続けていった人です。

 

そして親鸞は、その確かなよりどころとなる、そのことを「真(まこと)」とあらわしました。

親鸞がいう「真(まこと)=真実」とは、釈尊の教えです。

釈尊が説いた仏教、そこに真実のよりどころを見出し、

それによって自分自身と、そして周りにあるすべての存在を公平に確かめながら生きていく、

そのようなことを生涯をかけてあきらかにした人が親鸞という人です。

 

大谷大学教授 三木彰円 師

今月のことば 2020年7月 原文

今月のことば 2020年7月

-お寺からのお知らせ
-,

執筆者:

関連記事

2017年12月 おはよう!おあさじの会

2017年12月 おはよう!おあさじの会

6時前、まだまだ暗い中、いつものご門徒方が次々とお参りに。 早朝にもかかわらずみんなお元気! 先日の「教應寺日帰り旅行」の話題で盛り上がりました。ありがとうございました。 今月も行事がいろいろ。 皆さ …

除夜の鐘ポスター

2018年 除夜の鐘と修正会のご案内

2017年 12月31日 午後11時30分頃より除夜の鐘をつきます。 2018年  1月1日 午前0時00分より本堂で修正会(しゅしょうえ)が勤まります。 修正会とは、新しい年をお迎えしてお勤めする法 …

今月のことば 2018年1 月 掲示板

2018年1月 今月のことば

お参り先に赤ちゃんがいてくれると、東本願寺の記念品「誕生念珠」をお贈りしています。 小さくかわいい手にぴったりのお念珠と共に 「ご家族のみなさまへ」という題の短い文章が入っています。   お …

今月のことば 2018年11 月 ホワイトボード

2018年11月 今月のことば

自身の人生を通して「その「千手」とは、たとえば」と、表現される筆者。 「仏とは、仏像のことではなく、そのはたらきを仏という」と教えられます。   「もう顔も思い出せない無数の見知らぬ」はたら …

今月のことば 2020年6月 ホワイトボード

今月のことば 2020年6月

真宗大谷派 教應寺 【今月のことば 2020年6月】   おかげさま   緊急事態宣言が解除されました。少し気が緩みそうになってしまいそうですが、ウイルスがゼロになったわけではないので、引き …

サイト内検索

お寺の掲示板

2022年7 月のことば

【今月のことば 2022年7月】 

こわいをしって、

へいわがわかった

徳元穂菜氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2022年7月
7月1日(金) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
7月15日(金) 午後2時  
法灯の会  
8月1日(月) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会