お寺からのお知らせ 未分類

今月のことば 2020年2月

投稿日:

【今月のことば 2020年2月】

【今月のことば 2020年2月】

 

善いところも悪いところも全部自分自身

全部仏様にいただいたもの

延塚知道氏

 

 

たまたま大谷大学で、親鸞聖人の教えを身体全体で生きておられるような先生に遇うことができました。大谷大学という大学には、仏教を学んでおられる先生には、すごい先生がいらっしゃるのです。先生方が、ただの学者というだけではないのです。仏教を身体で生きているような先生にお遇いして、同じ人間でもこんな方がいらっしゃるのだと思いました。そりゃ立派でした。先生のお姿を通して、仏教の大切さを感じさせられたのです。(中略)

 

先生の生き方にふれた時に、強烈に自分の都合ばかりを押し立てて生きてきた自分の生き方が、すべて否定されたと思いました。都合が善いことが起こると喜んでいるけれど、都合が悪い事が起こると、とことん嫌だという生き方をしてきた。そういう生き方について、私はそれまで少しもおかしいと思ったことがなかった。

 

だけど、先生は都合が善いとか、都合が悪いとか、自分の都合なんか全然いわないで事実をそのまま生きているのです。だから、どんなことが起こっても愚痴をいわないし、どんなことが起こっても「ナマンダブ、ナマンダブ」と念仏を称えて、全部自分の世界として生きておられました。善いところも悪いところも、すべて自分自身なんだとして生きておられました。

 

それを見て私は、ものすごいショックでした、私は、自分で自分の善いところと悪いところとを分けて、善いところは伸ばして、悪いところは捨てようというそんな生き方をしてきました。それは普通の人間の生き方なのですが、それが、私のいのちに対してどれだけひどいことをしてきたか。頭で善し悪しを立てて考えることが、どれほど当てにならないかということを思い知らされました。

 

そうじゃなくて、善いところも悪いところも全部自分自身じゃないか、全部仏様にいただいたものじゃないか。だから、善いところも悪いところも丸ごと全部自分自身なんだというふうに、本当に丸ごと愛せる者にならなかったら、どうして周りの人を愛せますか?一度も自分を自分だといったことがない、自分で本当に自分を大事にしたことがない人間が、どうして他人を大事にできますか?そんなことを、先生に教えられたのです。

 

『共に在ること ―バラバラでいっしょ―』延塚知道氏

 

今月のことば 2020年2月 原文

今月のことば 2020年2月

-お寺からのお知らせ, 未分類
-,

執筆者:

関連記事

今月のことば 2018年11 月 ホワイトボード

2018年11月 今月のことば

自身の人生を通して「その「千手」とは、たとえば」と、表現される筆者。 「仏とは、仏像のことではなく、そのはたらきを仏という」と教えられます。   「もう顔も思い出せない無数の見知らぬ」はたら …

今月のことば 2019 年8 月 ホワイトボード

今月のことば 2019年8月

【今月のことば 2019年8月】 あすへの準備と きのうまでの愚痴で 塗りつぶされた「いま」 宮城顗氏   文章の中にはもっと引くべき箇所があるのだとは思うのですが、 今回は、この言葉に殴ら …

今月のことば 2018年1 月 掲示板

2018年1月 今月のことば

お参り先に赤ちゃんがいてくれると、東本願寺の記念品「誕生念珠」をお贈りしています。 小さくかわいい手にぴったりのお念珠と共に 「ご家族のみなさまへ」という題の短い文章が入っています。   お …

今月のことば 2019 年12月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年12月】

【今月のことば 2019年12月】 今年も最後の月である。 きらきらとライトアップされたイルミネーションを背景に最高の笑顔を作る。 街行く人々はみんな幸せそうにニコニコ笑っている。 ように見える。 & …

今月のことば 2019 年1 月 ホワイトボード

今月のことば 2019年1月

【今月のことば 2019年1月】   量や長さが問題となるのではなくて、 大事なことは方向が決まることなのです             宮城顗氏   ほんとうに命を、この人生をほん …

サイト内検索

お寺の掲示板

2020年8月のことば

【今月のことば 2020年8月】

迷っているという事実こそが
僕ら人間が本当は帰るところなのです
        
            瓜生崇氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2020年8月
8月15日(土) 午後2時~
盂蘭盆会法要 
9月1日(火) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会