お寺からのお知らせ 未分類

今月のことば 2020年2月

投稿日:

【今月のことば 2020年2月】

【今月のことば 2020年2月】

 

善いところも悪いところも全部自分自身

全部仏様にいただいたもの

延塚知道氏

 

 

たまたま大谷大学で、親鸞聖人の教えを身体全体で生きておられるような先生に遇うことができました。大谷大学という大学には、仏教を学んでおられる先生には、すごい先生がいらっしゃるのです。先生方が、ただの学者というだけではないのです。仏教を身体で生きているような先生にお遇いして、同じ人間でもこんな方がいらっしゃるのだと思いました。そりゃ立派でした。先生のお姿を通して、仏教の大切さを感じさせられたのです。(中略)

 

先生の生き方にふれた時に、強烈に自分の都合ばかりを押し立てて生きてきた自分の生き方が、すべて否定されたと思いました。都合が善いことが起こると喜んでいるけれど、都合が悪い事が起こると、とことん嫌だという生き方をしてきた。そういう生き方について、私はそれまで少しもおかしいと思ったことがなかった。

 

だけど、先生は都合が善いとか、都合が悪いとか、自分の都合なんか全然いわないで事実をそのまま生きているのです。だから、どんなことが起こっても愚痴をいわないし、どんなことが起こっても「ナマンダブ、ナマンダブ」と念仏を称えて、全部自分の世界として生きておられました。善いところも悪いところも、すべて自分自身なんだとして生きておられました。

 

それを見て私は、ものすごいショックでした、私は、自分で自分の善いところと悪いところとを分けて、善いところは伸ばして、悪いところは捨てようというそんな生き方をしてきました。それは普通の人間の生き方なのですが、それが、私のいのちに対してどれだけひどいことをしてきたか。頭で善し悪しを立てて考えることが、どれほど当てにならないかということを思い知らされました。

 

そうじゃなくて、善いところも悪いところも全部自分自身じゃないか、全部仏様にいただいたものじゃないか。だから、善いところも悪いところも丸ごと全部自分自身なんだというふうに、本当に丸ごと愛せる者にならなかったら、どうして周りの人を愛せますか?一度も自分を自分だといったことがない、自分で本当に自分を大事にしたことがない人間が、どうして他人を大事にできますか?そんなことを、先生に教えられたのです。

 

『共に在ること ―バラバラでいっしょ―』延塚知道氏

 

今月のことば 2020年2月 原文

今月のことば 2020年2月

-お寺からのお知らせ, 未分類
-,

執筆者:

関連記事

2018除夜の鐘チラシ

2018年除夜の鐘 2019年修正会のご案内

2018年 12月31日 午後11時すぎより「除夜の鐘」をつきます。 2019年  1月1日 午前0時00分より本堂で「修正会(しゅしょうえ)」が勤まります。 「修正会」とは、新しい年をお迎えしてお勤 …

ガラスキャンドル②

ガラスキャンドル試験点灯

キャンドル第2弾 前回の「竹灯ろう」に続き、今度は、ガラスキャンドルに試験点灯してみました。 緊急事態宣言は解除されたけど、以前と同じように活動するのは難しくなりそうです。 いつか、みんなで「きれいや …

今月のことば 2020年7月 ホワイトボード

今月のことば 2020年7月

【真宗大谷派 教應寺 今月のことば 2020年7月】   仏教によって、自分自身と 周りにあるすべての存在を公平に確かめながら生きていくことを 生涯をかけてあきらかにした人が親鸞という人です …

【今月のことば 2022年8月】     東淀川区豊里 真宗大谷派 教應寺     kyououji.com

【今月のことば 2022年8月】

【今月のことば 2022年8月】     教えを聞いて生きていくということを、「正しさ」を手に入れることと勘違いしていた。 そんな私が教えを聞いても、いつの間にかその「正しさ」に座 …

教應寺 6月の活動について

教應寺 6月の行事予定について

教應寺6月の活動について 緊急事態宣言が解除されたことにより、各方面さまざまな活動が再開されてきております。   しかしながら、まだまだ先行きが不透明であり、感染を心配される声も多く聞かれま …

サイト内検索

お寺の掲示板

2022年12 月のことば

【今月のことば 2022年12月】 

 この一年、本当に罪を犯さずには

  生きられない私でございました

         池田勇諦氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2022年12月
12月1日(木) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
12月15日(木) 午後2時  
法灯の会