お寺からのお知らせ 住職つれづれ

【今月のことば 2019年9月】

投稿日:

【今月のことば 2019年 9月】

生きる意味とか生きる価値とかは、

精神論ではなく、存在そのものにある

ヴィクトール・E・フランクル氏

 

生きる意味・生きる価値は、

必要か必要でないかとか、

自分の力で手に入れることができるとかできないとか、

空しく過ぎないためにはどうしたらいいのかと、

頭で考えて、心で思って…。グルグル回っていた。

 

「そんなことじゃない」ことを聞いていくことが大事なのかと。

いつでも戻ってこれる言葉に出遇った気がしました。

 

今月のことば 2019 年9 月 原文

今月のことば 2019 年9 月

-お寺からのお知らせ, 住職つれづれ
-,

執筆者:

関連記事

今月のことば 2020年1月 ホワイトボード

今月のことば 2020年1月

今月のことば 2020年1月 筆者の東田直樹さんは、会話のできない重度の自閉症者でありながら、 文字盤を指差しながら言葉を発していく「文字盤ポインティング」や、 パソコンを利用することで、援助なしでコ …

除夜の鐘中止のお知らせ

2021年 除夜の鐘 中止のお知らせ

楽しみにしてくださっていた皆さま、誠に申し訳ございません。   2021年 除夜の鐘 中止のお知らせ 今年も残すところわずかになってまいりました。 皆さまいかがお過ごしでしょうか。お変わりご …

2021年6月1日の朝

今月のことば 2021年6月

今月のことば 2021年6月 思うとか思えんとか、 そういうことじゃない。 池田勇諦氏   「早く落ち着いてほしいですね」「早く安心して過ごしたいですね」が、毎日の合言葉のようになっています …

2017年6月24日 第4回 淀川北組聞法会

第4回 淀川北組聞法会

6月24日(土) 敎應寺を会処として、「第4回 淀川北組聞法会」が開催されました。   敎應寺は、真宗大谷派 大阪教区 第7組(だいななそ)というグループ(32か寺)に所属しています。 その …

2021 正月

今年もよろしくお願いいたします!!【今月のことば 2021年1月①②】

2021年 初日の出に照らされる本堂   新しい年になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 多くの方にお問い合わせいただく中で、除夜の鐘の中止をお伝えすることは心苦しいことでした …

サイト内検索

お寺の掲示板

2022年1 月のことば

【今月のことば 2022年1月】
  
  常に新しく、常に透明で

  常に新鮮なエネルギーは、

  実は私たちの心に
 
  常に常に泉のように湧き続けている

        マイケル・コンウェイ氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2022年1月
1月15日(土) 午後2時  
法灯の会 新年会(中止) 
2月1日(火) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会