お寺からのお知らせ 住職つれづれ 未分類

【今月のことば 2024年7月】

投稿日:

【今月のことば 2024年7月】 東淀川区豊里 真宗大谷派 教応寺  僕たちはとても身勝手で矛盾した生きものだ 森達也氏

レモンの木を育てている。毎年、アゲハ蝶が卵を産み、サナギから羽化する姿を見せてくれる。その一部始終に感動し「生命の神秘だ」とつぶやいた。

少し離れたところにあるモミジには、黄緑蛍光色の虫がよく出る。この虫に刺されると、まるで感電したかのような激痛が走る。一度刺されてからもうコリゴリで、毎年入念に薬を撒いて予防している。

どちらも「私」である。

その「私」の身だけでなく「身の回りのほとんど」「 たくさんの「いのち」の犠牲のうえに成り立っている」。

そのはたらきすべてに感謝しているだろうか。とんでもない。

「とても身勝手で矛盾した」自分を少しは顧みているだろうか。

「そんなこと言うてたら…」
「仕方ないじゃないか…」

と言い訳をして、考えたふり、見て見ぬふりをしてごまかして、口先だけで「あさましい自分だ」と言っている私がいる。

南無阿弥陀仏

【今月のことば 2024年7月】 東淀川区豊里 真宗大谷派 教応寺 僕たちはとても身勝手で矛盾した生きものだ 森達也氏 食べるための牛や豚や鶏だけじゃない。実験に使われる犬やサルやウサギやマウスだけでもない。僕ら人間は、膨大な数の生き物を殺しながら生きている。水を確保するためにダムを作る。土地を増やすために海を埋め立てる。どちらも膨大な数の魚や虫や小動物が犠牲になる。僕らはハエや蚊を殺す。ゴキブリやシロアリを駆除する。畑や田んぼでは大量に農薬を撒いて害虫を殺す。  虫たちが悪いわけじゃない。ただ彼らの存在が僕らにとって迷惑なだけだ。だから僕たちは虫を殺す。君はカブトムシを叩きつぶせるかい? 僕にはできない。でも、ゴキブリなら、丸めた新聞紙で叩きつぶすことができる。なぜだろう。不思議だね。いつのまにか僕らは、ハエや蚊やゴキブリは殺されて当たり前だと思ってしまっている。  前に書いた思考の停止、要するに麻痺だ。この麻痺がないと生活は維持できない。確かにそうだ。でも時には、この麻痺について、この矛盾について、少しくらいは考えた方がいい。   僕たちはとても身勝手で矛盾した生きものだ。それが良いか悪いかは別にして、とにかく君の身の回りのほとんどは、たくさんの「いのち」の犠牲のうえに成り立っている。 『いのちの食べかた』森達也氏

-お寺からのお知らせ, 住職つれづれ, 未分類

執筆者:

関連記事

2020年6月 本堂開放

6月のある日

【お好きな時間にお寺にお参りください】 とご案内させていただき、本堂を開放して 自由にお参りしていただく日を設けました。   本堂の扉や窓を全開にすると、 暑くもなく寒くもない気持ちのいい風 …

【今月のことば 2023年3月】 東淀川区豊里 真宗大谷派 教応寺    kyououji.com

【今月のことば 2023年3月】

本年2023年は、親鸞聖人がお生まれになられて850年、また浄土真宗が開かれて800年の記念の年になります。 私たちの御本山・東本願寺では、いよいよこの3月から慶讃法要がお勤まりになります。 &nbs …

今月のことば 2019 年6月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年6月】

【今月のことば 2019年6月】   ここに立つ以外にない 池田勇諦氏   私たちの日ごろの生き方というのは、善いか悪いかという考えに立った生き方です。そういう生き方の私たちですか …

今月のことば 2019 年12月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年12月】

【今月のことば 2019年12月】 今年も最後の月である。 きらきらとライトアップされたイルミネーションを背景に最高の笑顔を作る。 街行く人々はみんな幸せそうにニコニコ笑っている。 ように見える。 & …

教應寺 4月・5月の行事について

教應寺 4月・5月の行事について

教應寺 4月・5月の行事について   新型コロナウイルスの影響により、教應寺におきましては、以下の通り対応させていただきます。 なにとぞ、ご理解賜りますようお願い申し上げます。   …

サイト内検索

お寺の掲示板

2024年7月のことば

【今月のことば 2024年7月】 

  僕たちは
   とても身勝手で
    矛盾した
     生きものだ
             森達也氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2024年7月
7月1日(月) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
7月15日(月) 午後2時~  
法灯の会(女性会)お休み     
8月1日(木) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会