お寺からのお知らせ 住職つれづれ

【今月のことば 2022年4月】

投稿日:

【今月のことば 2022年4月】

【今月のことば 2022年4月】     東淀川区豊里 真宗大谷派 教應寺     kyououji.com

 

海兵隊員としてベトナム戦争の最前線で戦っておられた方によって書かれた本です。

読み進めていくと、実際の戦争の恐ろしさや想像もしたこともないような残酷さが生々しく描かれています。

それは、決して映画やテレビなどで見る戦争と同じものではありませんでした。

正直、読みながら気持ち悪くなるところもありました。

 

海兵隊に入り、人を殺す方法を徹底的に訓練される中で、ためらいや罪の意識をだんだんと失っていく。

そして、実際に戦場におもむき、最前線でジャングルの中での戦闘に参加する毎日を送られました。

そんな中、ある戦闘の最中に逃げ込んだ防空壕の中で偶然、赤ちゃんを出産している女性に出遇われます。その体験がアレンさんの心を大きく変えていくことなります。

 

人は、その置かれる環境やその時々の縁によって、思いもよらない方向に進んでいってしまう存在である。

また、人を殺すことへのためらいや罪の意識も失ってしまうような存在であると同時に、思いがけない出遇いによって命の尊さに目覚めていけるような存在でもある。

 

その体験を、「私の人間性にとって鏡のような役割」と言われます。

「自分はまだ人間のままでいるだろうか」

 

中国の僧、善導大師は「これ経教はこれを喩ふるに鏡のごとし。しばしば読みしばしば尋ぬれば、智慧を開発す。」と言われました。

仏様の教えは、譬えればそれは鏡のようなものであると。

 

それはまさに、「あなたは、今本当に人間と言えるような生き方をしていますか」という問いと共に生きて行くということだと思います。

 

親鸞聖人は、「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」とおっしゃいます。私たち人間は、出遇う縁によってどのようにでもなってしまう存在であると。

 

ロシアとウクライナの問題を、自分とは無関係のことのように生きている私にこそ、

「おい、お前にこそ、鏡が必要だぞ」

と呼びかけられているように思います。

「お前は、今間違った方向に進んでるかもしれないぞ。」

「ゆっくり進んでで気付いてないのじゃないか。」

「確かめろ、確かめろ。お前はそのままじゃだめだ。必ず間違うぞ。」

と言われているように思います。

 

そして、それと同時に

「まだ、間に合う。大丈夫や。確かめろ。ずっと教えに確かめ続けていくんだ。」

とも、言われているように思います。

 

【今月のことば 2022年4月】     東淀川区豊里 真宗大谷派 教應寺     kyououji.com まだ間に合う アレン・ネルソン氏

【今月のことば 2022年4月】     

-お寺からのお知らせ, 住職つれづれ
-,

執筆者:

関連記事

2021年11月1日朝5時40分

今月のことば 2021年11月

【今月のことば 2021年11月】 入寺して間もなく、毎月の定例法話を始めました。 「親鸞聖人のご生涯を学びましょう」と意気込む私のつたない話を、当時の婦人会(現 法灯の会)の皆さまが優しいまなざしで …

【今月のことば 2022年7月】     東淀川区豊里 真宗大谷派 教應寺     kyououji.com

【今月のことば 2022 年7月】

おあさじの会で、徳元穂菜さんの詩の朗読を動画で見ました。 ゆっくりと、堂々と朗読される徳元さんに驚きました。 お参りされた方の中には、涙ぐまれている方もおられました。   また、この詩のもと …

【今月のことば 2022年6月】     東淀川区豊里 真宗大谷派 教應寺     kyououji.com

【今月のことば 2022年6月】

【今月の言葉 2022年6月】 先月は無事、永代経法要をお勤めすることができ、ホッとしています。 おそうじやおみがき、当日の幕張りなどの準備や受付、最後の後片付けまで様々な方にお力をいただきました。誠 …

2016年12月 今月のことば

今月のことば 2016年12月

人間、何のために生きているのでしょうか。  17才 女性   先日、あるお寺で座談会に参加しました。 この17歳の女性の質問についていろいろな年代の人たちと考えました。 「17才っていうのは …

今月のことば 2019 年7 月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年7月】

【今月のことば 2019年7月】 ある人に教えていただいた絵本の冒頭の部分です。 やさしい表現で、この身の事実を教えてくれています。       この絵本を教えてくださっ …

サイト内検索

お寺の掲示板

2024年4月のことば

【今月のことば 2024年4月】 

  自分が生きてきたこと、

   死んでいくことに

    意味を見出したい
 
       雲井一久氏
 

行事とお知らせ

お寺の行事 2024年4月
4月1日(月) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
4月21日(日) 午後2時~  
おみがきとおそうじ     
4月27日(土) 午後2時~  
永代経法要     
4月28日(日) 午後2時~  
永代経法要    
5月1日(水) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会