お寺からのお知らせ 住職つれづれ

今月のことば 2020年6月

投稿日:

真宗大谷派 教應寺

【今月のことば 2020年6月】

 

おかげさま

 

緊急事態宣言が解除されました。少し気が緩みそうになってしまいそうですが、ウイルスがゼロになったわけではないので、引き続き気持ちを引き締めないと、と自分に言い聞かせています。

 

マスク、手洗い、除菌…、見えないウイルスとの暮らしにみなさん大変な思いをされていることと思います。しかしその中にありながらも、他人を思いやり優しい言葉をかけてくださる方、いろいろな形でお気遣いくださる方々のお気持ちがありがたく、心がジーンとあたたかくなります。

 

また、ご近所の方に出会い「お元気にされてますか?」とお声がけすると「おかげさまで元気にさせてもらってます」と。

今まで幾度となく聞いてきたし言ってもきた「おかげさま」という言葉。

この生活の中で改めて響いてきます。

 

今、私がここにいる。

この事実を成り立たせるためにどれだけのご苦労があるのだろう。

 

医療従事者の方々をはじめ、私たちの生活を成り立たせるために、寝る間も惜しんで頑張ってくださっている人たちがいる。それだけじゃない。よくよく考えてみれば、はかり知れないはたらきに私は支えられている。

 

足りないものや不自由さに心を奪われ、「おかげさま」を見失っては、人生もったいない。

見えている世界は、ほんのちょっと。

私は「おかげさま」でできている。

 

そう思うと、あたたかい力が湧いてきました。

皆さま、どうぞご無理のないよう気持ちを保ちつつ、くれぐれもご自愛くださいますようお便り申し上げます。

 

教應寺住職 建部智宏

今月のことば 2020年6月 原文

-お寺からのお知らせ, 住職つれづれ
-,

執筆者:

関連記事

今月のことば 2021年9月 ホワイトボード

今月のことば 2021年9月

【今月のことば 2021年9月】 私が念仏申す身になったということには 念仏の歴史があり世界があるのです 宮城顗(みやぎしずか)氏   「○○したらこうなる」というように、「お念仏したら○○ …

2021年3月 おあさじの会 案内

3月のおあさじの会

新型コロナウイルスのせいにばかりしていても何にもなりませんが、 かけがえのない時間は、止まることなく刻み続けています。   わかってはいましたが、今年も2月はあっという間に過ぎてしまいました …

2021年11月1日朝5時40分

今月のことば 2021年11月

【今月のことば 2021年11月】 入寺して間もなく、毎月の定例法話を始めました。 「親鸞聖人のご生涯を学びましょう」と意気込む私のつたない話を、当時の婦人会(現 法灯の会)の皆さまが優しいまなざしで …

2016年12月 今月のことば

今月のことば 2016年12月

人間、何のために生きているのでしょうか。  17才 女性   先日、あるお寺で座談会に参加しました。 この17歳の女性の質問についていろいろな年代の人たちと考えました。 「17才っていうのは …

いただいた画像

うれしい春のお便り🌸

【うれしい春のお便り🌸】 冬にご法事に行かせていただいたご門徒さまが、 満開の桜並木の写真を送ってくださいました。   そのお家の近くにある見渡す限りの桜並木。 「これ満開になったらすごいき …

サイト内検索

お寺の掲示板

2022年8 月のことば

【今月のことば 2022年8月】 

 今の私は何かが間違っているのだ

         稲垣えみ子氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2022年8月
8月1日(月) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
8月15日(月) 午前11時  
盂蘭盆会 第一部  
8月15日(月) 午後1時  
盂蘭盆会 第二部  
8月15日(月) 午後3時  
盂蘭盆会 第三部  
9月1日(木) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会