お寺からのお知らせ

今月のことば 2020年3月

投稿日:

【今月のことば 2020年3月】

 

縁(えん)に生き縁に死する

親鸞聖人

 

 

親鸞(しんらん)聖人(しょうにん)は「死ぬ」ということを、「娑婆(しゃば)縁(えん)つきて」と言っておられます。死を縁がつきることだとひと言でいいきるご心境のすばらしさに、いまさらながら驚かされます。すべては縁だとおっしゃるのです。

 

いわれてみれば、それ以外にはありません。この世に縁のあるかぎりはこの世におらせていただきます。この世の縁がつきたならば、なごりはつきませんが、死なせていただきましょう。そこには何もとどこおるところがありません。事実のままを生きゆく聖人のおすがたです。まったく淡々として「死を視(み)ること帰(き)するが如(ごと)し」です。

 

しかし、これは死を願い、お浄土を恋しく思う厭世(えんせい)情(じょう)ではありません。いささかの病いでも「死なんずるやらん(死ぬのでなかろうか)」と心ぼそく思われるのが人間の本心です。しかし、すべては縁次第だということは、望ましく思う心も、また厭(いと)わしく思う心も、そういう人間の思いをすべて仏におまかせして、事実のままに生死(しょうじ)せしめられる、ということです。私がどのように思おうとも、事実は厳然(げんぜん)と私の前にあらわれてまいります。縁によって私にあらわれた事実を、事実のままに生死していく力が、お念仏(ねんぶつ)の力ではないでしょうか。

 

 聖人は「宿業(しゅくごう)」ということをいわれますが、宿業の自覚(じかく)とは、この自分に与えられた「縁」をありがたくいただいていく、ということのようであります。聖人は、宿業のままに「縁に生き縁に死する」というはっきりした死生(しせい)観(かん)に住しておられるのであります。

 

 私たちは、いくら死をきらっても逃れることができるものではありません。そういう人間の思いのあだなることを教えるものが、この「縁」という思想です。この世に縁がつきたことを「死」というのです。縁がつきようとしているのに、まだ生きたいと焦燥(しょうそう)するほど痛ましい苦悩はないでしょう。

 

 子どもであろうが年老いたものであろうが、そして、病気で亡くなっても事故死であっても、またたとえ死にざまがどうであろうとも、縁に生き、縁に死んでいった人生です。なごりはつきないのですが、ありがとう、ありがとうと、見送りましょう。死ぬということは「無」に帰することではなく、もう死なない、本当に生きた人として、二度と私から離れることのない存在になっていることに気づかされるでしょう。

 

『なき人をしのんで』(東本願寺出版)

今月のことば 2020年3月 原文

今月のことば 2020年3月 

-お寺からのお知らせ
-,

執筆者:

関連記事

今月のことば 2019 年4月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年4月】

【 今月のことば 2019年4月 】   支えに出遇ったあなたは これからどのように生きていくのですか               稲垣直来氏   「念仏は 行者(ぎょうじゃ)のために 非行(ひぎょう …

お正月のお花とあみださん

今月のことば 2022年1月

【今月のことば 2022年1月】 お正月のお花とあみださま     皆さまあけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。   大学時代の友人から、素敵 …

今月のことば 2020年10月 ホワイトボード

今月のことば 2020年10月

【今月のことば 2020年10月】 私は死なない命になりたい 大峯顯(おおみねあきら)氏   いったいどこに、この命の存在の意味があるのか。何のための命か。私が今ここに生きているのはいったい …

今月のことば 2019 年8 月 ホワイトボード

今月のことば 2019年8月

【今月のことば 2019年8月】 あすへの準備と きのうまでの愚痴で 塗りつぶされた「いま」 宮城顗氏   文章の中にはもっと引くべき箇所があるのだとは思うのですが、 今回は、この言葉に殴ら …

2018年 永代経法要 掲示板案内

2018年 永代経法要

今年も、永代経をお迎えいたします。   竹中慈祥先生にご法話をいただきます。 今回はどんな言葉に出会えるか。楽しみです♪   どなたでもお参りいただけます。   4月29 …

サイト内検索

お寺の掲示板

2022年1 月のことば

【今月のことば 2022年1月】
  
  常に新しく、常に透明で

  常に新鮮なエネルギーは、

  実は私たちの心に
 
  常に常に泉のように湧き続けている

        マイケル・コンウェイ氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2022年1月
1月15日(土) 午後2時  
法灯の会 新年会(中止) 
2月1日(火) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会