お寺からのお知らせ

2019年「除夜の鐘」と「新年のおつとめ(修正会)」のご案内

投稿日:

大晦日の夜は、除夜の鐘。

除夜の鐘2019

教應寺の除夜の鐘は、誰でもつけます。

 

【 除夜の鐘 】

2019年 12月31日(火) 午後11時すぎから 撞き始め

 

【 修正会(しゅしょうえ) (新年のおつとめ) 】

2020年  1月1日(水) 午前0時00分 御始

 

  • 教応寺の梵鐘は2010年に新調され、今年で10回目の除夜の鐘です。
  • 通算何打目、今年の何打目なのかがわかる「除夜の鐘記念カード」をお渡しいたします。(先着108名様)今年は、通算973打目からです。
  • ふるまい酒や温かいお飲み物、仏さまに手を合わすよい子にはお菓子をプレゼント。
  • 誰でもご参加いただけます。教應寺のご門徒さま以外の方も大歓迎です。皆さまお誘い合わせの上お参り下さい。
  • ご参拝してくださる方の増加に伴い、面する道路への飛び出しを心配しております。

特に保護者の皆さまには、子どもさんから目を離さないようお願い申し上げます。

 

お寺の鐘の音色は、仏さまの御声であります。

「私が今ここにあることの不思議」に手を合わせ、

一年の締めくくりと新たな始まりの時を共にいただきましょう。

-お寺からのお知らせ
-,

執筆者:

関連記事

今月のことば 2018年12 月 ホワイトボード

2018年12月 今月のことば

あっという間にもう12月!! 毎年、時の流れの早さに驚き動揺するこの時期。 伊藤先生の言葉にハッとする!! 今月のことば 2018年12 月   関連

今月のことば 2018年11 月 ホワイトボード

2018年11月 今月のことば

自身の人生を通して「その「千手」とは、たとえば」と、表現される筆者。 「仏とは、仏像のことではなく、そのはたらきを仏という」と教えられます。   「もう顔も思い出せない無数の見知らぬ」はたら …

今月のことば 2019 年9 月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年9月】

【今月のことば 2019年 9月】 生きる意味とか生きる価値とかは、 精神論ではなく、存在そのものにある ヴィクトール・E・フランクル氏   生きる意味・生きる価値は、 必要か必要でないかと …

今月のことば 2020年1月 ホワイトボード

今月のことば 2020年1月

今月のことば 2020年1月 筆者の東田直樹さんは、会話のできない重度の自閉症者でありながら、 文字盤を指差しながら言葉を発していく「文字盤ポインティング」や、 パソコンを利用することで、援助なしでコ …

2021 正月

今年もよろしくお願いいたします!!【今月のことば 2021年1月①②】

2021年 初日の出に照らされる本堂   新しい年になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 多くの方にお問い合わせいただく中で、除夜の鐘の中止をお伝えすることは心苦しいことでした …

サイト内検索

お寺の掲示板

2022年1 月のことば

【今月のことば 2022年1月】
  
  常に新しく、常に透明で

  常に新鮮なエネルギーは、

  実は私たちの心に
 
  常に常に泉のように湧き続けている

        マイケル・コンウェイ氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2022年1月
1月15日(土) 午後2時  
法灯の会 新年会(中止) 
2月1日(火) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会