お寺からのお知らせ

今月のことば 2019年1月

投稿日:

【今月のことば 2019年1月】

 

量や長さが問題となるのではなくて、

大事なことは方向が決まることなのです

            宮城顗氏

 

ほんとうに命を、この人生をほんとうに生きるためには、量や長さが問題となるのではなくて、

大事なことは方向が決まることなのです。方向が決まるということは、かならず死ぬ身としての

人生がはっきりするということです。死を押しのけて、あるいは死から目をそらして、長生きと

いうことにすがりつくのではなくて、どれだけ長生きにすがりついてもかならず老、死というこ

とはあるわけですから、かならず年を取り、かならず死ぬ私が、その年を取り、死ぬということ

をほんとうに受け入れていける歩みを見つけることです。

 

一時期、死にがいということばがはやりましたが、生きがいというものは、そのことのために

は一生が投げ出せる、そのことのためならば自分の一生を投げ出していける、そういうものを見

つけるのが生きがいです。ですから、生きがいはかならず死にがいです。自分の命以上に大事な

ものを見つけた。自分の命以上の大きな世界に会ったということがなければ、人生の方向という

ものは決まらないし、そういうものに会わなければ、結局老いて死ぬ私というものは、かならず

大きな不安をはらんでいくわけです。テレビなど、特にコマーシャルで描かれています幸せとい

うものは、健康で若さがあって経済的に力がある間だけの幸せであって、それしか見つからない

ときには、老、死、かならず年を取っていき、かならず死ぬ身であるかぎり、結局最後は、こん

な私になってしまってといって死んでいかなければならないのです。ですから自分の人生全体を

あげて歩んでいける、そういう道をもっていないならば、どれだけ命が長くなったとしても、そ

れはけっして人間としての長命の道ではない、かえって苦しみを長く味わうだけなのです。

『正信念仏偈講義 第四巻』宮城顗著

毎月、掲示板に【今月のことば】を掲示しています。ホームページでもご紹介しております。

仏教のことばは、私を見通し言い当て、本当のことを教えてくれます。

それが私の生きる力になっています。                   教應寺住職

 

 

今月のことば 2019 年1月 原文

今月のことば 2019 年1月 

-お寺からのお知らせ
-,

執筆者:

関連記事

ガラスキャンドル②

ガラスキャンドル試験点灯

キャンドル第2弾 前回の「竹灯ろう」に続き、今度は、ガラスキャンドルに試験点灯してみました。 緊急事態宣言は解除されたけど、以前と同じように活動するのは難しくなりそうです。 いつか、みんなで「きれいや …

教應寺7月8月の活動について

教應寺7月8月の活動について

教應寺7月8月の活動について   気温も湿度も一気にあがり本格的な梅雨になってまいりました。 皆さまいかがお過ごしでしょうか。 さて、コロナウイルスへの対応につきましては 「新しい生活様式」 …

今月のことば 2020年2月 ホワイトボード

今月のことば 2020年2月

【今月のことば 2020年2月】 【今月のことば 2020年2月】   善いところも悪いところも全部自分自身 全部仏様にいただいたもの 延塚知道氏     たまたま大谷大学で、親鸞 …

2016年12月 おはよう!おあさじの会

2016年12月 おはよう!おあさじの会

山門から仰ぎ見る本堂 教應寺のひと月は、 毎月1日、朝6時、「おはよう!おあさじの会」で始まります。 12月は、6時前でこの暗さ。 ようこそお参りくださいました。   関連

今月のことば 2020年6月 ホワイトボード

今月のことば 2020年6月

真宗大谷派 教應寺 【今月のことば 2020年6月】   おかげさま   緊急事態宣言が解除されました。少し気が緩みそうになってしまいそうですが、ウイルスがゼロになったわけではないので、引き …

サイト内検索

お寺の掲示板

2020年9月のことば

【教應寺 今月のことば 2020年9月】

今私たちに必要なのは、
自らの中にある様々な闇に
気づいていくということ

           酒井義一氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2020年8月
9月22日(火) 午前11時~
秋季彼岸会 第一部 
9月22日(火) 午後2時~
秋季彼岸会 第二部 
10月1日(木) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会