お寺からのお知らせ

今月のことば 2019年1月

投稿日:

【今月のことば 2019年1月】

 

量や長さが問題となるのではなくて、

大事なことは方向が決まることなのです

            宮城顗氏

 

ほんとうに命を、この人生をほんとうに生きるためには、量や長さが問題となるのではなくて、

大事なことは方向が決まることなのです。方向が決まるということは、かならず死ぬ身としての

人生がはっきりするということです。死を押しのけて、あるいは死から目をそらして、長生きと

いうことにすがりつくのではなくて、どれだけ長生きにすがりついてもかならず老、死というこ

とはあるわけですから、かならず年を取り、かならず死ぬ私が、その年を取り、死ぬということ

をほんとうに受け入れていける歩みを見つけることです。

 

一時期、死にがいということばがはやりましたが、生きがいというものは、そのことのために

は一生が投げ出せる、そのことのためならば自分の一生を投げ出していける、そういうものを見

つけるのが生きがいです。ですから、生きがいはかならず死にがいです。自分の命以上に大事な

ものを見つけた。自分の命以上の大きな世界に会ったということがなければ、人生の方向という

ものは決まらないし、そういうものに会わなければ、結局老いて死ぬ私というものは、かならず

大きな不安をはらんでいくわけです。テレビなど、特にコマーシャルで描かれています幸せとい

うものは、健康で若さがあって経済的に力がある間だけの幸せであって、それしか見つからない

ときには、老、死、かならず年を取っていき、かならず死ぬ身であるかぎり、結局最後は、こん

な私になってしまってといって死んでいかなければならないのです。ですから自分の人生全体を

あげて歩んでいける、そういう道をもっていないならば、どれだけ命が長くなったとしても、そ

れはけっして人間としての長命の道ではない、かえって苦しみを長く味わうだけなのです。

『正信念仏偈講義 第四巻』宮城顗著

毎月、掲示板に【今月のことば】を掲示しています。ホームページでもご紹介しております。

仏教のことばは、私を見通し言い当て、本当のことを教えてくれます。

それが私の生きる力になっています。                   教應寺住職

 

 

今月のことば 2019 年1月 原文

今月のことば 2019 年1月 

-お寺からのお知らせ
-,

執筆者:

関連記事

今月のことば 2020年12月 ホワイトボード

今月のことば 2020年12月

【今月のことば 2020年12月】   迷いの深さは 同時にいのちの深さであります。 佐野明弘氏   なんともなくうまくいっている時には感じませんが、どうにもならぬ悲しい出来事に出 …

【今月のことば 2022年6月】     東淀川区豊里 真宗大谷派 教應寺     kyououji.com

【今月のことば 2022年6月】

【今月の言葉 2022年6月】 先月は無事、永代経法要をお勤めすることができ、ホッとしています。 おそうじやおみがき、当日の幕張りなどの準備や受付、最後の後片付けまで様々な方にお力をいただきました。誠 …

4月1日(水) 「おはよう!おあさじの会」は 「中止(内勤め)」いたします。 教應寺

「おはよう!おあさじの会」は、「中止(内勤め)」いたします。

新型コロナウイルスの影響により 4月1日(水) 「おはよう!おあさじの会」は 「中止(内勤め)」いたします。  教應寺 関連

2016年12月 今月のことば

今月のことば 2016年12月

人間、何のために生きているのでしょうか。  17才 女性   先日、あるお寺で座談会に参加しました。 この17歳の女性の質問についていろいろな年代の人たちと考えました。 「17才っていうのは …

盂蘭盆会 法要

盂蘭盆会について(台風)

盂蘭盆会について 台風10号が、近づいております。 法要はお勤めいたしますが、 お参りはご無理のないようにお願い申し上げます。 関連

サイト内検索

お寺の掲示板

2022年12 月のことば

【今月のことば 2022年12月】 

 この一年、本当に罪を犯さずには

  生きられない私でございました

         池田勇諦氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2022年12月
12月1日(木) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
12月15日(木) 午後2時  
法灯の会