お寺からのお知らせ

2018年11月 今月のことば

投稿日:

自身の人生を通して「その「千手」とは、たとえば」と、表現される筆者。

「仏とは、仏像のことではなく、そのはたらきを仏という」と教えられます。

 

「もう顔も思い出せない無数の見知らぬ」はたらきに、支えられ育まれ、

今、生かされているのは、この筆者だけではないと感じました。

今月のことば 2018年11 月 原文

2018年11月 今月のことば

-お寺からのお知らせ
-

執筆者:

関連記事

今月のことば 2020年1月 ホワイトボード

今月のことば 2020年1月

今月のことば 2020年1月 筆者の東田直樹さんは、会話のできない重度の自閉症者でありながら、 文字盤を指差しながら言葉を発していく「文字盤ポインティング」や、 パソコンを利用することで、援助なしでコ …

2016年12月 おはよう!おあさじの会

2016年12月 おはよう!おあさじの会

山門から仰ぎ見る本堂 教應寺のひと月は、 毎月1日、朝6時、「おはよう!おあさじの会」で始まります。 12月は、6時前でこの暗さ。 ようこそお参りくださいました。   関連

今月のことば 2019 年3月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年3月】

【今月のことば 2019年3月】   人間の物差しや執着が入っていない世界を浄土という その浄土を念じながら生きていく 一楽 真氏   亡くなった人との関係ということが、ものすごく …

6月を知らせてくれる アジサイ

変わらないもののありがたさ

毎年必ず、この時期に立派なあじさいをお供えくださるご門徒さんがおられます。   日々更新される感染状況と、それによって右往左往する私のこころ。 新型コロナウイルスの影響で、私たちの生活はすっ …

今月のことば 2020年3月  ホワイトボード

今月のことば 2020年3月

【今月のことば 2020年3月】   縁(えん)に生き縁に死する 親鸞聖人     親鸞(しんらん)聖人(しょうにん)は「死ぬ」ということを、「娑婆(しゃば)の縁(えん) …

サイト内検索

お寺の掲示板

2021年1月のことば

【教應寺 今月のことば 2021年1月】

  往生というのは、
   この苦の世界から
    仏の世界に生まれ出ることです。

                暁烏敏氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2020年12月
12月31日(木)    
除夜の鐘(中止) 
1月1日(金) 午前10時~
修正会(新年のおつとめ) 
1月15日(金)     
法灯の会新年会(中止) 
2月1日(月) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会