お寺からのお知らせ

除夜の鐘と修正会(新年のおつとめ)のご案内

投稿日:

12月31日 午後11時30分頃より除夜の鐘をつきます。

1月1日 午前0時00分より本堂で修正会が勤まります。

誰でも参加していただけます。

  • 教応寺の梵鐘は2010年に新調され、今年で7回目の除夜の鐘です。
  • 通算何打目、今年の何打目なのかがわかる「除夜の鐘記念カード」をお渡しいたします。(先着108名様)今年は、通算649打目からです。
  • ふるまい酒、ホットカルピス、お茶など、子どもさんにはお菓子をご用意いたします。

どうぞご参拝ください。

除夜の鐘ポスター

除夜の鐘 誰でもつけます

-お寺からのお知らせ
-,

執筆者:

関連記事

今月のことば 2019 年9 月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年9月】

【今月のことば 2019年 9月】 生きる意味とか生きる価値とかは、 精神論ではなく、存在そのものにある ヴィクトール・E・フランクル氏   生きる意味・生きる価値は、 必要か必要でないかと …

今月のことば 2020年12月 ホワイトボード

今月のことば 2020年12月

【今月のことば 2020年12月】   迷いの深さは 同時にいのちの深さであります。 佐野明弘氏   なんともなくうまくいっている時には感じませんが、どうにもならぬ悲しい出来事に出 …

今月のことば 2019 年11月 ホワイトボード

【今月のことば 2019年11月】

【今月のことば 2019年11月】 選ぶか選ばれるか。損か得か。勝つか負けるか…。 この中でしか生きることを知らずに、自分で自分を苦しめる毎日を過ごす私に、 休むことなく呼びかけ続けてくれているはたら …

今月のことば 2018年6月 掲示板

2018年6月 今月のことば

今月のことば 2018年6月は、手塚治虫氏の『ブッダ』第9巻からです。 手塚治虫氏の『ブッダ』より   関連

【今月のことば 2022年6月】     東淀川区豊里 真宗大谷派 教應寺     kyououji.com

【今月のことば 2022年6月】

【今月の言葉 2022年6月】 先月は無事、永代経法要をお勤めすることができ、ホッとしています。 おそうじやおみがき、当日の幕張りなどの準備や受付、最後の後片付けまで様々な方にお力をいただきました。誠 …

サイト内検索

お寺の掲示板

2022年12 月のことば

【今月のことば 2022年12月】 

 この一年、本当に罪を犯さずには

  生きられない私でございました

         池田勇諦氏

行事とお知らせ

お寺の行事 2022年12月
12月1日(木) 午前6時〜 
おはよう おあさじの会
12月15日(木) 午後2時  
法灯の会